フランス人間国宝の
技と美 ―
伝統、革新、未来、
そして愛。

1994年、フランスで誕生した"メートル・ダール"(Maître d’Art)は、日本の重要無形文化財保持者(通称"人間国宝")にならってフランス文化省が策定した、フランス伝統工芸の最高技能者に与えられる称号です。今回メートル・ダールの称号を持つ作家を中心に、伝統を継承しつつ革新的に芸術的工芸の世界を牽引する作家15名の作品、約200件を紹介します。

開催概要

展覧会名

フランス人間国宝展

会場

東京国立博物館 表慶館

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
http://www.tnm.jp/

会期

2017年9月12日(火)~11月26日(日)

主催

東京国立博物館、NHKプロモーション、朝日新聞社、HEART & crafts

後援

フランス文化省、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

メセナ

ベタンクールシュエーラー財団

協賛

ヴァン クリーフ&アーペル、三井住友銀行

協力

フランス国立工芸研究所

全日本空輸、竹尾、ピエール・エルメ・パリ、J-WAVE、Redactik、Loupi

キュレーター

エレーヌ・ケルマシュテール

空間デザイン

リナ・ゴットメ

テクニカルデザインサポート

ヤツシャハルアーキテクツ

テクニカル
アドバイザー

吉野弘建築設計事務所

開館時間

午前9時30分~午後5時

  • ※金曜、土曜、11月2日(木)は午後9時まで。
  • ※9月17日(日)、9月18日(月・祝)、9月24日(日)は午後6時まで。
  • ※9月22日(金)、9月23日(土・祝)は午後10時まで。
  • ※入館は閉館の30分前まで。

休館日

毎週月曜日

  • ※ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)は休館。

入館料

一般  1,400円(1,200円/1,100円)

大学生 1,000円(800円/700円)

高校生 600円(400円/300円)

  • ※中学生以下無料
  • ※( )内は前売/20名以上の団体料金。
  • ※障がい者とその介護者1名は無料。
  • ※前売券は7月1日(土)~9月11日(月)まで発売。

お問合せ

ハローダイヤル 03-5777-8600

公式オンラインチケット/手数料無料!自宅発券・スマホ入場が選べます!

関連イベント

①フォーラム

※逐次通訳付

日時

9月16日(土)

第1部 15:00-16:30 / 第2部 16:45-18:15

第1部

「日仏両国における人間国宝」

リン・コーエン=ソラール(フランス国立工芸研究所会長)

ジェラール・デカン(元フランス国立工芸研究所会長・紋章彫刻作家)

室瀬和美(漆芸家)

司会:伊藤嘉章(九州国立博物館副館長)

第2部

「建築の世界の伝統と革新」

エマニュエル・バロワ(ガラス作家)

伊東豊雄(建築家)

伊東順二(東京藝術大学特任教授・美術評論家)

②ドキュメンタリー上映&トークイベント

※字幕・逐次通訳付

日時

9月17日(日)

15:00-16:30(14:30開場予定)

内容

「人生の探求」

ジャン・ジレル(陶芸家)

出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館館長)

会場

東京国立博物館 本館 特別5室

※都合により会場が変更になりました。

定員

220名(事前申込制、ただし応募者多数の場合は抽選。)

聴講料

無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合、別途、当日の入館料が必要。)

申込方法

展覧会公式サイトの申し込みフォームか往復はがきでお申込みください。往復はがきの場合は「往信用裏面」に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望するイベントの番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記までお申し込みください。


  • ※1枚のはがきで最大2名まで申込が可能。2名の場合は、それぞれの氏名を必ず明記してください。

申込先

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-7-9-301

株式会社ヴィジョン・エイ

「フランス人間国宝展」イベント係

申込締切

事前申込みは終了しました。

※お席に若干の余裕がございますので、開場後に当日受付も行います。

関連ワークショップ

こどものためのアトリエ
ミニ傘デコレーション体験/麦わら象眼細工のコースターづくり体験/羽根細工の小鳥づくり体験/折り紙を使ったポップアップ扇子づくり体験

フランスの人間国宝から直接手ほどきを受ける、こどものためのアトリエを開催します。

日時

  • ①9月16日(土)10:30-12:00
    「ミニ傘デコレーション体験」
  • ②9月16日(土)13:00-14:30
    「麦わら象眼細工のコースターづくり体験」
  • ③9月17日(日)10:30-12:00
    「羽根細工の小鳥づくり体験」
  • ④9月17日(日)13:00-14:30
    「折り紙を使ったポップアップ扇子づくり体験」

講師

ミシェル・ウルトー(傘作家)

リゾン・ドゥ・コーヌ(麦わら象嵌細工作家)

ネリー・ソニエ(羽根細工作家)

シルヴァン・ル・グエン(扇作家)

※各回とも通訳付き

対象

小学4年生~6年生とその保護者

会場

東京国立博物館 本館 地下みどりのライオン

聴講料

無料(ただし、保護者の方は本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合、別途、当日の入館料が必要。子どもといっしょ割引あり)

定員

各回10組程度(応募多数の場合は抽選)

申込方法

展覧会公式サイトの申し込みフォームでお申込みください。

申込締切

※定員に達しましたので、申し込みを終了しました。

プレスの方へ